top of page

AAAコンサルティング

導入事例

AAAコンサルティング
​各サービスの活用事例

AAAコンサルティングで提供している、A-ConsultingやA-callといった各種サービスを、実際にお客様にご導入いただ
いた事例をご紹介します。具体的にはお客様がどういった課題を持ち、AAAコンサルティングのサービスご導入
によってどう解決をしたか、効果やお客様の声をご紹介します。

報告内容の分析・反響獲得に専念

​課題

  • 審査に時間がかかっており、仲介会社など顧客に遅いと言われるストレスを抱えている

  • 自社は基本外部から入ってきた人がおらず、他社の状況を比較できないため、どうして審査が遅いと言われるのかがわからない


  • 法人契約のランク付けや審査基準などトップレベルの資料を公開してもらい、どのように業務を進めるのか、不要な手順はないかを全て確認した。

  • 他社のリーシングコールセンターとも連携し、他社の取り組み内容を参考に、審査時間を大幅に短縮させる

  • システムの軽微な修正はAAAへ一任し、都度修正を実施してもらう

解決策&効果

I社(大手商社グループ)

コントラクトマネジメントセンター

AAAのサービスを導入したのは、他の大手企業様が導入していた実績を持っており、さらにカスタマーサービスやリーシングなどのサービスも提供していたためです。さらに、仲介会社様からも他社が導入によって、審査時間短縮となったと聞いたため提案をしてもらいました。申し込み受付から保証会社審査、社内審査まで一気通貫で対応してもらっています。人員不足も受託頭数の使いによって、カバーされています。

お客様の声

報告内容の分析・反響獲得に専念

​課題

  • 全国からの無形クレームを1日に500件ほど受けていた

  • 問い合わせの対応先を分けていたため、個人オーナーや区分所有などそれぞれで対応が必要な状態。マニュアルもそれぞれに分かれており、対応がバラバラ。横のつながりがないため、個々で一つずつ問い合わせの対応をしなければいけなかった


  • 案件の種類ごとに対応を分けずに、クレームは全て同じ場所に集約し、対応を一元化させた

  • 無形クレームの対応を外注化したため、社員をクレームで悩ませない状態を作った

  • マニュアルを一本化してそれぞれの業務負担を軽減させる

  • 物件の属性に応じて、複数のIVRフローを構築して効率化を図る


解決策&効果

T社(大手不動産グループ管理会社)

カスタマーセンター

クレーム対応にかかっていた時間や手間が短くなり、社員が効率よく仕事を進められる状態になりました。導入時には各部署ごとにフォローしてもらったため、段階的に導入体制を整備できました。東京本社でマニュアルを一本化したため、関西支店や名古屋センター、福岡センターにまで利用範囲が拡充しています。一部対応には英語での問い合わせにも対応しているため、さまざまな問い合わせに対して、最小限の人材で業務を進められています。

お客様の声

報告内容の分析・反響獲得に専念

​課題

  • 利用しているコールセンターでの、受電率が悪い

  • AAAのシステム以前に導入したシステムを活用できていない

  • 鍵の紛失の電話対応を1人ですべて対応している状態

  • 休みの日でも当番制で、社員がクレーム電話の対応をしている

  • 木造や軽量鉄骨などの物件が多く、クレームが多い状態だった


  • リーシングセンターからの、ミニマムスタートを提案

  • 全丸投げをせず、業務改善を一緒に行ったため、当番制のクレーム対応や鍵に関する1人での対応などを廃止

  • カスタマーセンターの導入によって、入居者対応に追われていた時間が減り、本来の仕事に取り組めるようになった

  • 問い合わせの度に仲介会社を物確システムへ誘導、利用促進・浸透によってコスト減を実現させた

解決策&効果

A社(都内管理会社)

リーシングセンター, カスタマーセンター

最初に利用していたリーシングシステムを活用できていませんでしたが、AAAコンサルティングのシステムを導入して、すぐに効果を実感できました。その後、コールセンターでの受電率が悪かったこともあり、すぐにカスタマーセンターも導入を決定しました。結果的に、入居者対応に追われていた社員を救えたため、導入してよかったと感じています。現在では新入社員が入社した際には、必ずAAAの見学ツアーを実施しています。


お客様の声

報告内容の分析・反響獲得に専念

​課題

  • 首都圏を中心にマンションや賃貸・土地まで扱っているため、リーシング業務・入居者対応業務が増大してしまい、人的リソースが逼迫した状態になっている

  • 社内の規模が大きいため、決済までに時間がかかる

  • 紙の契約書などを使用したアナログ作業が多いため、業務に時間がかかり、改善が後回しの状態になっている

  • 3サービスの同時利用によって、管理業務全体を最適化したため、大幅に負荷が軽減され派遣社員の数を減らす

  • 電子決済を導入し、紙の契約書を減らすなど一度アナログ作業を巻き取って、受託後にAAAで効率化と電子化を推進

  • 社内会議に参加し、情報共有を行うほか、全面的なバックアップ体制を構築

解決策&効果

M社(大手不動産グループ管理会社)

リーシングセンター, カスタマーセンター, コントラクトマネジメントセンター

管理物件が増えるとその分人的リソースが必要となるが、導入前までは人手が足りずに逼迫していました。しかし、AAA専門人材のおかげで新規チーム・解約チームなどが2〜3名の少数精鋭体制に移行したため、現在は管理物件が増えてもリソースを増やさずに対応できています。どの業務でも電子化によって決済が楽になったほか、手戻りが少ないため、効率化と入居者満足度アップの両立を実現できているという実感があります。

お客様の声

bottom of page